2007年5月 4日 (金)

同じ月を見ている

ポエトリーリーディングに興味があることを以前書きましたが、
先日の谷川俊太郎さん朗読の詩と並んで、オススメしたいのが、
リクオさんの「同じ月を見ている」です。

リクオさんはブルースピアノマン。
「同じ月を見ている」は、自らピアノを演奏しつつ詩を朗読するという
新しいスタイルの曲です。

詩は、ヒップホップベーシストのタカツキさんが書かれたもので、
タカツキさんオリジナルの「同じ月を見ている」もあるみたいですが
私がオススメしてるのは、リクオさん作曲のもの。

この曲を聴いていると、
言葉、声のトーン、詩の展開、ピアノのリフレイン、テンポ、
そして、リクオさんという人…、その全てが絡み合う中に、
自分の気持ちが、力強く吸いこまれていくのを感じます。
抑揚があるようなないような、そんな坦々としたテンポが、
例え何が起ころうとも、または起こらなくとも、
時間は誰に対しても平等で、そしていつだって同じスピードで
過ぎて行くのだという事実を、痛いほどに感じさせられます。

ライブのDVDの演奏を、何回も聴いてるのですが、
前奏が聴こえた瞬間、気持ちが締め付けられる思いがします。
まるで早押しクイズの勢いです(笑)。

で、今日、ネットを見ていたら、
この曲を無料ダウンロードできるサイトを見つけました!
私の聴いてるライブ版よりもさらに、坦々と曲が進んでいく印象。
良かったら聴いてみて下さい。
できれば、夜中にヘッドフォンで(ニヤリ)。

同じ月を見ている」←click here!


補足ですが、リクオさんのポエトリーリーディングの曲で
「はかめき」というのがありまして、これもオススメ。

あぁ、朗読って素敵…。